2005年04月28日

もう何も言うまい。

…少しでも信用した私が馬鹿だった。さっき、唯一連絡をとっているヤングミセスの人がお子ちゃまを連れて見舞いに来てくれた。「バリの婦人部員」を引き連れて…。引っ越す事も知ってるし。黙っておくれやすと言い忘れたのでやむを得ないと言えばそうなんだけどさ…あと数日で引越し♪わーい♪と喜んでたのに。もう顔を観ないまま引っ越せる☆と思ってたのに。顔を付き合わせてしまった以上、言わないわけにもいかず。転居先がはっきりと分からないように曖昧に答えたけど。あはは…。もう誰も信用できないって一瞬でも思ってしまった。ああやってくるって事はきっと私が本尊を返した事も知っているんだろうなぁと思ったけど、聞いてこなかったので答えなかったけど。数ヶ月ぶりにバリの方と会ったので「痩せたね〜」なぁんて言われたけど、おかげさまで学会というストレスの原因がなくなったのでやせられましたから。と内心思ったりも。もう転居先を言うのも嫌になってしまった。もし教える事になっても絶対に教えないで!と念押しするしかないなぁ〜と。内部の人たちはすぐに教えるから。実感…。ま、部屋の中はダンボールで溢れつつあるので中には入れなかったけど日曜日に引っ越すと言ってしまった以上、また来るかもなぁ。「引越しするんなら一部でも購読してよ」とか言いに。はぁ…。無事に引越しできますように。せっかく体調がよくなったのにまた悪化しそうで怖い。
posted by ともみ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

そこまでしなくても。

妻はアンチ、夫はバリバリ。』を読んで思い出した事。記事にも書かれてましたが、先日の福岡2区の補欠選挙に自民から山崎拓が立候補者として出てたんだなぁ。これが。スキャンダルを起こしてやめたのに、ノコノコと立候補できる神経が羨ましいと思ったけど、投票しちゃう人も人だよなぁ。なんて思ってたんだけど、恐らくは学会の組織票がやはり動いたと思われる。だってー、先週の金曜日に夕方のニュースを見てたら『極秘』という名目なのになぜか福岡空港で報道陣に見つかった浜四津さんが…福岡の会館に出向いて昼間から婦人部対象にお願いしてるんだもん。街頭には立たないって言ってた以上行くトコと言えば会館だけ。公明党…善悪分かってるんだったら手を引くべきだったんじゃないのかい?民主や共産に負けたくない気持ちは分かるけどそこまでしなくてもいいんじゃないのかい?と思いながら観てました。今回の選挙では婦人部内でも「あの人には入れたくない」モードが漂ってたらしく、やむを得ず婦人部から信頼されている浜四津さんを手配したとかで。どうやって話を丸め込んだのかは不明だけど、婦人部が動けば組織票も動く。きっと気の弱い男子部や壮年さんたちは妻の婦人部に尻を叩かれて入れたんだろうなぁ。これが福運になるし、日本の為になると思ったんだろうなぁ。何処か間違ってるのも忘れて。
ってか山崎さん、前回の選挙で敗北したのにまた立候補って余程政治家に未練があったのね。思いが通じてよかったね(嫌味)果たしてこれから公明党は何処へ向かっていくんだろう…学会共々。こんな時に思う。『学会辞めてて良かった』と。きっと「福岡に誰か友達いないかな?」とか言われてただろうし。反日デモみたく婦人部も「NO」ってきっぱりと言えるようになればかっこいいのになぁ。拍手ぐらいはしてあげる(偉そう)。
posted by ともみ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(2) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

病になったら病院へ。

当たり前の事が当たり前にならない事がある学会。扁桃腺が両方とも腫れ上がって熱まで出たので朝から病院に行ってきました。薬を処方され、昼間ぐっすりと眠ったおかげで咽喉や扁桃腺も少しは楽に。そして思い出した事があるので書いてみようかと。私が女子部にいた頃、部会でバリになった子が話してたんですが…。「風邪で熱を出して辛かったんだけど、お題目をずーっとあげてたらいつの間にか倒れてて起きたら熱が下がって風邪も治ってた」と言ってた事が。それを聞いて『ただ単に汗かいて熱が下がっただけなんじゃないのかい?』と言いそうになったけどあえて何も言わずに聞き流してたんですが。明らかに変です。それで治るなら病院なんていらんやん。私はその当時からポツリと不信感があったのでそんな事を今でも覚えてたり。学会自体そんな指導してないよなぁ…。先代の会長だって「病になったら病院に」って言ってたという事を言ってたと思うし。いつから題目あげたら治るって指導が変わったのかと思ったりも。どーでもいいんだけどふと思い出したもので。私は薬を飲んでちゃんと治しますよ。常識ですから♪今でも病になるのは魔が入ったからとか言う婦人部がいるらしいけど…。(私の友人が所属しているトコは平気で言うらしい)
posted by ともみ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

ただいま静養中。

疲労が容量を突き破ったのか、ついに久々〜に扁桃腺炎症(涙)前回まで左だったのが今回は右側です。こんな事をバリさん達に言っちゃえば「ご本尊を返した罰が当たったのよ」とか平然と言われそう〜と思いつつ、炎症止め&炎症部分に湿布なんぞ。引越しするというだけでこれだけストレスが溜まるものなのか?あぁ?と己に突っ込みいれつつ。そして最悪の場合は縁を切ろうとさえ思った弟に手紙と共に転居先の契約書を送ってから何かを感じたのか急に以前のようにメールをしてきたり。やはり私が学会を辞めたのが許せなかったのか?それとも私が持病もちだという事で気を使ったのか?それは本人に聞かなきゃ分からないけど、どっちかというと学会を辞めた理由を綴ったからかなぁと。持病があるのは以前から知ってたし。未活動でも新聞購読(と言ってもTV欄だけ読む派)してたらMCにかかっちゃうのかねぇ〜と思ったり。でもまぁ男子部が訪問しているらしいと昔からの付き合いがある実家の近所の婦人部の人から聞いているので、仕方ないのかも。そんなわけであと1週間もすれば引越しでぃ!ここの地区の人からの訪問もなくなるだろうとは思っていますが、唯一連絡先を知らせているヤングミセスの人には引っ越す事は知らせているし、引越し先も近いのでここの地区の人たちを引き連れてくるかも知れないしねぇ。まぁ、遠まわしで「それだけはやめてほしい」と言えば済む事だけど。とにかく体調を戻して元気に引越しできるように…と思っておりまする。
posted by ともみ at 17:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

撤収して1週間。

本尊を先週の金曜日に本部に送り返し、仏壇は取り残される事なく収集車に入れられ、他の物も少しずつ確実に排除しています。気分的にどうよ?って聞かれても「フツー」って答えるしかないんですが。学会員で唯一私の現在の携帯番号を知っているヤングミセスの方から昨日「創価大学の桜を見ながら花見をしました」と写メ付でメールが。その際に「実は…」と本尊を送り返した事などを書いて返信しました。数時間が経過してから「そっかー。また会った時にでも事情を聞かせてね」と返事が。面倒だと思いながらもまぁいいかと開き直ったり。「学会って(この仏法って)一家和楽を願ってるんですよね?私もずーっと願ってました。でも、父は蒸発、母は2年前に逝去、弟には拒絶され、見事なまでの一家離散ですよ。おかげで家族と呼べる人間なんていなくなりましたよ。これってある意味ミラクルですよね〜。あはは〜。」とでも言おうかなぁとか(悪)それでもきっと学会の人なら「それはそれでともみちゃんにとって意味があるんだよ。そんな事言ったら亡くなったお母さんが悲しむよ。」ってちょっと目をウルウルさせながら言われるんだろうなぁなんて。って見透かされる会話って何だかマニュアル読んでるみたいで嫌な気も。決して悪気はないんだろうけど…ね。何かこんな事が書ける私も悲しいですが(苦笑)そんなわけで本尊がなくとも生きていけるし、どうにかなりますよ。だって一般の人たちも本尊ないけどフツーに生活しているんですから。あ、ちなみに御書も高かったけど捨てました…。あれ上巻・下巻で買ったんだよなぁ。しかも電車の中でも読めるようにってカバーもつけたのに。あの意気込んでいた私は何処にいったんだろうってぐらい今は冷めきってますから。
posted by ともみ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

ついに…!?

昨日の夜、地域派遣で別の支部に行っている同じ地区&同じ歳の女子部が1名、毎度お馴染み突然訪問に脱会後初めて来ました。ちょうどゴミ捨てに行こうと思ってドアを開けたら立ってたからお互いにビックリで。そんなわけで今回も私はネタを頂く為に部屋の中へご案内〜。思い切りフツーに学会の事を話してました(笑)先日、久本○美のセミナーがあったそうでそれに参加したとの事。その時に久本が入信した経緯を話したそうで、その話を聞かせてもらったり、私は私で学会は敗訴した裁判事は絶対に新聞掲載しないよねとチクリと言ってみたり。婦人部とは違って多少は理解してくれた感じではあったけど、どうなんだろうなぁ〜(苦笑)ま、帰り際にはまた来るね〜と言って帰っていきましたが、携帯番号を変更した事や引越しする事は一切知らせませんでした。教える事もないし。で、本日というかついさっき郵便局に行く用事があったので、ついでに本尊を本部に送りました。引越しの荷造りしてる時に「新居ではもういいだろう」と思って仏壇はコンパクトな小さいやつだったので粗大ゴミに出し。本尊は送ろうと。鈴などの小物もポイっと捨てました。昨日女子部が来た時に「本尊は?」って言われて「その封筒に入ってます。明日本部に送るつもりなんです〜(それが何か?/心の気持ち)」と返答したら「近くの文化会館に持っていった方がいいんじゃないの?」って言われたんだけど…そんな事したら何言われるかだいたい検討つくし、今更会館なんかに行きたくねーと思っていろいろ言ってお断り。下手に言葉に乗せられて会館に行っても「はい分かりました」と二言三言で受け取るような人たちじゃないのは分かってるし。そんなわけで家の中からほぼ学会関連が消えたと思ったらすっきりしました♪一応、数珠と経本だけは法事で使う事があるので置いてますが。ちなみにこれは心理的な事だと思うんですが…本尊を封筒に入れて置いていた時は持病のヘルニアが酷くてコルセットまでしてたのに送ってからは薬だけで済んでます(笑)私はどうやら本尊を持っている事すら嫌だった模様です。
posted by ともみ at 12:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

究極の選択?

先日の記事で母の3回忌法要に婦人部員が来る!と書いたのですが、それからいろいろと考えた結果…引越しする事に決めました(苦笑)しかも今月下旬…。逃げるというか、この地区から離れるしか確実な方法がないと思いまして。でも、引越し先は目と鼻の先。自転車で10分ぐらいのトコなんです(笑)なので外でばったりと会ってしまう確率は大なんですが、会っちゃったらその時は適当に挨拶して居場所を言わないでおこうと。それに今の家にいるよりかは防犯面も防音面もいいトコなので、ま、いいかと。下手な言い訳するよりかはこの方が潔くていいかもしれないしぃ〜と自分の中で思ったりもしています。もちろん3回忌前後には実家に帰る予定なので、バタバタな日々になるんですけどね。ここに居る限りは必ず学会員が来ると思うと気分的にも嫌だし、それ以前に私が住んでいるのは2階建てのアパートなのですが、私の家の真下とその隣りは何と学会員のお家。しかも徒歩3分の家も学会員という環境なんで否応にも間接的に接している気分でねぇ…。皆さん、バリですよ〜。学会員には素晴らしい環境なんだろうけど、一般になった私には考えると恐ろしい環境。って考えるとキリがないので考えないんですけどね(笑)引越し先も2階なんですが、端の部屋だし下の階は誰もおらず。隣りは女子大生が入居するらしいのでホッとしてます。引っ越したのがバレたらきっと「あの子、ここに居辛くて出ていったのよ。」とか言われると思うんですけど、関係ない人たちなのでご勝手にどうぞ〜と開き直ってます(笑)そんなわけで今から少しずつ荷造り中です。
posted by ともみ at 13:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

ローマ法王死去。

まずはご冥福をお祈り申し上げます(-人-)
マザーテレサが逝去された時もそうだったけど、国民が1人の人間が天に召された事に対して広場に集まり、涙し、嘆き悲しんでいる姿を見て、その時にその人がどれだけ人類の為に尽くしたか分かるような気がしました。宗教の枠を超えているのにも関わらずですよ。私はTVでその姿を見ながら、もし今の池田氏が亡くなられた時はどのように報道されるんだろうと不躾な事をふと考えたり。池田氏は果たしてマザーテレサのようにどんな身分の者にでも会い、心を尽くしてきたのか私には分かりません。ちなみに私が通院している心療内科の担当医は院長なのですが、仕事を代わってもらってまでマザーテレサの施設に行ってボランティアをしているような人です。私も体が自由に動いてお金もあればそういう事をしてみたいなと思ったりも。そういうのがキリスト教の行動に共感を持つのかなぁ?と思いながら。ちなみに院長は高野山の僧侶の取得をされているんですけどね(笑)でも全然宗教観を出さずに『心療内科医』として話を聞いてくれ、アドバイスをしてくれるので私にとってはプラスになる事も。たま〜に言動に「ブチッ」と切れる事もありますが(^▽^;)って話はそれてしまいましたが、私はカトリックとキリスト教の違いがイマイチわからないのですが、ニュースの中で生前ローマ法王がカトリック信者に対して謝罪表明をしていたというのを知って、宗教は違えど謝罪すべき点を潔く謝るって勇気がある行動だなぁ〜と感心していました。今の創価学会は果たしてそういう事が出来るのかと思ったり。やれ乙骨はどーだとか学会を批判しているジャーナリストに対して文句を散々言っている幹部の方たちの方が醜いと思うのは私だけなのかなぁ?とか。裁判に負けた事を一切公表しない学会。勝つ事が正義で負ける事は邪道だという学会。勝ち負けにそんなにこだわってどうするの?それでどれだけ悩む学会員がいるのか(いたのか)幹部は知っているんでしょうか。方向転換してもっと開けた団体にならないと世間にずっと怪しいものだと思われるだけですよ。と忠告をここで書いても仕方ないんですが…。何はともあれ、一度でいいからローマ法王に一目遠くからでもいいからお目にかかりたかったです。
posted by ともみ at 01:49| Comment(2) | TrackBack(1) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。