2005年10月22日

お元気ですか?

ってよりお前は何をしとんのじゃ。とお言葉を頂きそうなほど放置していたこのブログ。あいすいません。私はどうにか元気ですよー。学会の事を聞かなくて済むだけでも幸せっちゅうもんですよ。去年の今頃は「あの数日で脱会届を出せる!」とカウントダウンをしていたものです。そんな私は所用で大阪に1週間…先日帰省しておりました。母を折伏した婦人部の方のお子さんと同級生な私は何かあるとその方に話を聞いてもらったり聞いたりしている仲でして。今回も帰りますーって言ったら、実家の地区の婦人部が入れ替わりで数名来て下さり、今の地区の役職の人の紹介やら丁寧に教えて下さいました。さすがに私が脱会している事は広まっていなかっただけでも一安心でしたが。母の遺骨がまだ実家にあるのでそれで母に会いに来たって方もいて。で、地区を離れた方で母と交流している人と連絡を取って「遊びに帰ってきたんですー」と話をしていろいろと聞いてたら。長話をした婦人部の方は未活動で旦那はバリバリの夫婦なんだけど、その婦人部の方は嘆いてました。初めて聞く話だったので私もビックリしたんだけど。学会ってそんな事までやらせるのかーと思ったものです。これを御覧の方で「日顕撲滅」ポスターを貼ってる地域や勝訴を勝ち取るんだ!と意気込んでいる地域などあるかと思うんですが、当時、日顕人形なるものを作った人がいたらしく。それを何も分からない子供(まぁ未来部の子ね)たちにハリセンで叩かせてるのを見てショックを受けたらしく。しかも自宅じゃなくて会合で!!!それで広宣流布しようって言うんだからびっくりですよ。おかげでその婦人部の方はそれから一切会合には出てないそうです。私だってそんなの会合で見せられたら出たくないし、子供にそんな事をさせたくないっすよ。だからもう私と同じように内得信仰だけしているそうです。その方がいいなってつくづく思っちゃいました。でも学会ってそんな事までやらせてたのは知らなかったな…。ちなみにこっちでは一時期10時間題目が流行ってたけど、関西ではもうそんな事はしてないそうです。ま、私の情報は段々古くなってるので関東ではどうだか分からないけど…。1偏の題目でもいいって母を折伏した人は言ってました。心が大事なんだと。お供え物でもお供え物は亡くなった人は食べられないけど供えた人のその感謝の心を食べるんだよって。その方は旦那さんを事故で亡くされているんで境遇が似てるんで、何でも話せるから助かってます。だから脱会した事も内得信仰だけはしているって事はきちんと言えるんだろうけど。そんなわけで段々と寒くなりましたが、皆さんお体をご自愛下さい。私は生姜湯飲んで頑張りまーす。
posted by ともみ at 20:54| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。