2005年03月19日

学会に入った日。

昭和63年3月19日。母に連れられて弟と共に寺で御受戒を受けて、意味も分からないまま入会した日。今年で17年目。学会員であれば、「やっと17年かぁ〜頑張ってきたよなぁ」と喜ぶべきなんだろうけど、私にとってこの日は人生の分かれ道になったわけで。「中等部って何?」状態。未来部担当のお姉さんが来た事に驚いた事。中等部で思い出なのが、会合でタイムカプセルに入れるからと言って自分の思っている事や夢を書かされた事。音楽関係に就いている人になる!なぁんて書いた記憶がかすかにあったりもね〜。あはは〜。何か17年って早かったなぁ。って去年辞めちゃってるから正確には16年と7ヶ月なんだけど。ありささんの体験発表の記事を読んで、「そういや、私が辞めると決めた決定的な事って体験発表させられた事なんだよなぁ〜」と思ったり。恥以外の何事もなかった…10月の会合。あれが私が出席した最後の会合。過去は振り返らないけど、こうやって思い出す分にはいいかな?と思ったり。アンチだけど、実家にはそれなりの仏壇があって母の遺骨が安置されてて、それを未活動の弟が守っている。んー実家に戻っていろいろしなきゃいけない事はあるんだけど、手を合わせる事が出来るのかが不安…。一応、母を折伏した近所のおばさんには脱会した事は話してるけど、それ以外の人は無知なわけで。大阪の学会員って迫力あるし…私が入った時から知っている人ばっかりだからなぁ〜それこそ折伏攻めに会いそうで。いやはや。隠しとおすしかないか、と開き直ったり。私も体験発表をさせられたときには、原稿を先に婦人部長にチェックされて削除されたなぁ…まずい部分(笑)でも、体験発表したおかげで目が覚めた部分もあり。これからの学会は何処に進んでいくんでしょうね。
ちなみにいろんなブログで後継者は?みたいな事を書いているのをチラホラ見てるのですが、私が大阪にいた頃は、谷川副会長(当時は青年部長)が後継者かもね〜って噂してました。池田氏のそばで訓練を受け続けているとか…。関西出身な方なので候補になっているかもですね。ま、それはさておき。外から「ほぅ〜♪」と眺め続けたいと思います。なぁんて(笑)
posted by ともみ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久し振りです。SGIの世界でお邪魔させてもらった、2世活動家旦那を持つ、あちちです。
しばらく学会系のサイトを見ることもめっきり少なくなってしまって、今日久々にサーフィンしてたら、ともみさん復活、嬉しいですー。

最近、旦那の活動が減ったような気がして。
(この1ヶ月、創価班ぐらいしか行ってない。
もうそろそろの座談会は行くのかな?男子部活にはここ1ヶ月半行ってないのー)
昨日、男子部が家庭訪問に来ていましたが…
大きな期待はしませんが、家にいてくれるのは嬉しいです。

ともみさん、男子部の方に恋してるのねぇ。
んー、恋に理屈はないしなぁー。素直に
がんばれがんばれ、プッシュプッシュ、とは
言えないけど、私はともみさんがハッピーになるよう応援してまするー。
また、御邪魔しますねー。
Posted by あちち at 2005年03月19日 18:03
あちちさん>>
ご無沙汰してました♪またお越し頂き有難うございますm(_ _"m)
半分開き直りで(笑)恋してみようかなぁ〜と思ってます。ま、なかなか会えない相手なのでどうなるかは分かりませんが後悔しない恋愛したいなぁ〜って思ってます(苦笑)今後も改めて宜しくですvv
Posted by ともみ at 2005年03月19日 22:00
恋って 理屈は通用しませんねぇ。

してはいけない! って思うと 燃えますから。^^

 為るようにしか為らないし、してはいけないと うじうじと思い悩むより 私は 恋してしまって、色々と 悩んだ方が 良いかなぁってタイプです。ともみさんのスタイルで がんばれ〜(^0^)/〜
Posted by free at 2005年03月23日 15:51
freeさん>>
こんにちわー☆参考にさせて頂きます♪先日、学会員の友達に「男子部の人を…」って言ったら「ともって男子部に惹かれるやすいタイプなんじゃない?」って言われちゃいました(笑)前回も男子部に恋してたもので(苦笑)その頃は付き合ったとしても支障はなかったんで悩まずに済んだんですが、その前に撃沈してしまったんで今回はそれを教訓に周りからじわじわと攻めていこうかな?とか楽しめるようにしようかと。付き合ったらその時にまた悩めばいいや〜なぁんて。今後ご期待?(苦笑)
Posted by ともみ at 2005年03月24日 00:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。