2005年03月22日

日本各地で地震。

日曜日は福岡県で大地震。関東に住んでる私でもかすかな揺れを感じたぐらいなので、想像以上のゆれがあったんだろうなぁ〜と。被害には遭わなかったけど阪神大震災を経験しているので、震災で被害に遭われている方の姿を見る度に心が痛くなり、体が敏感になり。ただえさえ不眠症なのに、さらに不眠症になったりも。と、同時に思うのが、学会の対応。それなりの救援物資を送ったり、義援金を送るのは新聞を見ずとも毎度のように書かれてたから想像できるんだけど、本部の副会長の方とか地元の幹部の人は激励に行ったりボランティア等はしないんでしょうか?さすがに池田氏が動くわけにはいかないだろうけど、新聞で「頑張れ」だの書いたって伝わらない人はいるわけだし。中にはそんな言葉なんていらねー!って被害に遭った人は思うよ。それなら実際に現状を見て把握してそれなりに対応した方がいいと思うんだけど…。ちなみに某女性議員さんは、新潟の震災の時に現状を視察に行って…女性の為に周期的に来る例のモノに必要な物が足りないという事を知ってすぐに自費で送ったとか。ちなみにこの人は公明党じゃないですよ。私、この話を友人から聞いて、感動した記憶が。命が助かっただけでも感謝だけど、ただ祈るだけじゃなくて、本当に何が必要で何をするべきか動ける人は動く。学会は人員集めの為に必要な時だけ友好活動だのF取りだので動くんじゃなくてこういう時に動いてこそ意義があるんじゃないかなぁ?って私は思います。生活に余裕があれば何日でもボランティアに行きたいけど、今の私じゃボランティアに行けないので、ただただこれ以上の被害が出ないようにTVで現状を見ていくしか出来ないんだけど…。学会の皆さん、「日顕撲滅!」とか目くじら立てて鬼った祈りしてる場合じゃないですよ。本当に「世界の平和・人類の平和」を祈る方がどれだけ心が和らぐか。学会員の前に人として祈る事は何かこの際だから考えてもらいたいものですな。って私も私なりに手を組んで平和・感謝を祈ってますから。ちとキリスト系です(笑)
posted by ともみ at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。