2005年04月04日

ローマ法王死去。

まずはご冥福をお祈り申し上げます(-人-)
マザーテレサが逝去された時もそうだったけど、国民が1人の人間が天に召された事に対して広場に集まり、涙し、嘆き悲しんでいる姿を見て、その時にその人がどれだけ人類の為に尽くしたか分かるような気がしました。宗教の枠を超えているのにも関わらずですよ。私はTVでその姿を見ながら、もし今の池田氏が亡くなられた時はどのように報道されるんだろうと不躾な事をふと考えたり。池田氏は果たしてマザーテレサのようにどんな身分の者にでも会い、心を尽くしてきたのか私には分かりません。ちなみに私が通院している心療内科の担当医は院長なのですが、仕事を代わってもらってまでマザーテレサの施設に行ってボランティアをしているような人です。私も体が自由に動いてお金もあればそういう事をしてみたいなと思ったりも。そういうのがキリスト教の行動に共感を持つのかなぁ?と思いながら。ちなみに院長は高野山の僧侶の取得をされているんですけどね(笑)でも全然宗教観を出さずに『心療内科医』として話を聞いてくれ、アドバイスをしてくれるので私にとってはプラスになる事も。たま〜に言動に「ブチッ」と切れる事もありますが(^▽^;)って話はそれてしまいましたが、私はカトリックとキリスト教の違いがイマイチわからないのですが、ニュースの中で生前ローマ法王がカトリック信者に対して謝罪表明をしていたというのを知って、宗教は違えど謝罪すべき点を潔く謝るって勇気がある行動だなぁ〜と感心していました。今の創価学会は果たしてそういう事が出来るのかと思ったり。やれ乙骨はどーだとか学会を批判しているジャーナリストに対して文句を散々言っている幹部の方たちの方が醜いと思うのは私だけなのかなぁ?とか。裁判に負けた事を一切公表しない学会。勝つ事が正義で負ける事は邪道だという学会。勝ち負けにそんなにこだわってどうするの?それでどれだけ悩む学会員がいるのか(いたのか)幹部は知っているんでしょうか。方向転換してもっと開けた団体にならないと世間にずっと怪しいものだと思われるだけですよ。と忠告をここで書いても仕方ないんですが…。何はともあれ、一度でいいからローマ法王に一目遠くからでもいいからお目にかかりたかったです。
posted by ともみ at 01:49| Comment(2) | TrackBack(1) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前、法王が長崎に来られた日大雪だったんですが、それについて学会のエライ人が「謗法だからねえ」と言ってました。
Posted by モモ at 2005年04月04日 17:33
モモさん>>
内部の人って平気でそういう事言いますよね。ま、自分たちの信仰だけが正しいと思っているから仕方ないのかもしれませんが、私も内部にいた頃は「日顕があの場所にいるから地震が来たんだ」とか平気で言ってたのを思い出しました。今、考えると人間として言ってはいけない事と反省してますが…。
Posted by ともみ at 2005年04月06日 13:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ローマ法王の死
Excerpt:  ▲ヨハネ・パウロ2世(本名カロル・ボイチワ)12歳の時の肖像          &nbs..
Weblog: オヤジライターが、もの申す!
Tracked: 2005-04-04 06:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。