2005年04月26日

そこまでしなくても。

妻はアンチ、夫はバリバリ。』を読んで思い出した事。記事にも書かれてましたが、先日の福岡2区の補欠選挙に自民から山崎拓が立候補者として出てたんだなぁ。これが。スキャンダルを起こしてやめたのに、ノコノコと立候補できる神経が羨ましいと思ったけど、投票しちゃう人も人だよなぁ。なんて思ってたんだけど、恐らくは学会の組織票がやはり動いたと思われる。だってー、先週の金曜日に夕方のニュースを見てたら『極秘』という名目なのになぜか福岡空港で報道陣に見つかった浜四津さんが…福岡の会館に出向いて昼間から婦人部対象にお願いしてるんだもん。街頭には立たないって言ってた以上行くトコと言えば会館だけ。公明党…善悪分かってるんだったら手を引くべきだったんじゃないのかい?民主や共産に負けたくない気持ちは分かるけどそこまでしなくてもいいんじゃないのかい?と思いながら観てました。今回の選挙では婦人部内でも「あの人には入れたくない」モードが漂ってたらしく、やむを得ず婦人部から信頼されている浜四津さんを手配したとかで。どうやって話を丸め込んだのかは不明だけど、婦人部が動けば組織票も動く。きっと気の弱い男子部や壮年さんたちは妻の婦人部に尻を叩かれて入れたんだろうなぁ。これが福運になるし、日本の為になると思ったんだろうなぁ。何処か間違ってるのも忘れて。
ってか山崎さん、前回の選挙で敗北したのにまた立候補って余程政治家に未練があったのね。思いが通じてよかったね(嫌味)果たしてこれから公明党は何処へ向かっていくんだろう…学会共々。こんな時に思う。『学会辞めてて良かった』と。きっと「福岡に誰か友達いないかな?」とか言われてただろうし。反日デモみたく婦人部も「NO」ってきっぱりと言えるようになればかっこいいのになぁ。拍手ぐらいはしてあげる(偉そう)。
posted by ともみ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(2) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

女性問題で前回落ちた山崎拓氏当選
Excerpt: 衆院統一補欠選挙で山崎拓氏(68)が当選した。 民主新人の平田正源氏(37)を大差で破っての勝利なのだが、民主党の岡田克也代表はいったい何をしてるんだろう。 投票率が過去最低だったのもうなずける。 ..
Weblog: シャベルゾウ
Tracked: 2005-04-26 13:09

山崎拓が当選…法案は?!
Excerpt: 【24日投開票の衆院統一補選福岡2区で、再起をかけた自民前職の山崎拓氏が民主新顔の平田正源氏、共産新顔の山田博敏氏ら5氏を破っての議席奪回を確実にした。  03年衆院選で民主公認で当選した古賀潤一郎..
Weblog: 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士
Tracked: 2005-04-27 00:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。