2005年04月28日

もう何も言うまい。

…少しでも信用した私が馬鹿だった。さっき、唯一連絡をとっているヤングミセスの人がお子ちゃまを連れて見舞いに来てくれた。「バリの婦人部員」を引き連れて…。引っ越す事も知ってるし。黙っておくれやすと言い忘れたのでやむを得ないと言えばそうなんだけどさ…あと数日で引越し♪わーい♪と喜んでたのに。もう顔を観ないまま引っ越せる☆と思ってたのに。顔を付き合わせてしまった以上、言わないわけにもいかず。転居先がはっきりと分からないように曖昧に答えたけど。あはは…。もう誰も信用できないって一瞬でも思ってしまった。ああやってくるって事はきっと私が本尊を返した事も知っているんだろうなぁと思ったけど、聞いてこなかったので答えなかったけど。数ヶ月ぶりにバリの方と会ったので「痩せたね〜」なぁんて言われたけど、おかげさまで学会というストレスの原因がなくなったのでやせられましたから。と内心思ったりも。もう転居先を言うのも嫌になってしまった。もし教える事になっても絶対に教えないで!と念押しするしかないなぁ〜と。内部の人たちはすぐに教えるから。実感…。ま、部屋の中はダンボールで溢れつつあるので中には入れなかったけど日曜日に引っ越すと言ってしまった以上、また来るかもなぁ。「引越しするんなら一部でも購読してよ」とか言いに。はぁ…。無事に引越しできますように。せっかく体調がよくなったのにまた悪化しそうで怖い。
posted by ともみ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。