2005年04月26日

そこまでしなくても。

妻はアンチ、夫はバリバリ。』を読んで思い出した事。記事にも書かれてましたが、先日の福岡2区の補欠選挙に自民から山崎拓が立候補者として出てたんだなぁ。これが。スキャンダルを起こしてやめたのに、ノコノコと立候補できる神経が羨ましいと思ったけど、投票しちゃう人も人だよなぁ。なんて思ってたんだけど、恐らくは学会の組織票がやはり動いたと思われる。だってー、先週の金曜日に夕方のニュースを見てたら『極秘』という名目なのになぜか福岡空港で報道陣に見つかった浜四津さんが…福岡の会館に出向いて昼間から婦人部対象にお願いしてるんだもん。街頭には立たないって言ってた以上行くトコと言えば会館だけ。公明党…善悪分かってるんだったら手を引くべきだったんじゃないのかい?民主や共産に負けたくない気持ちは分かるけどそこまでしなくてもいいんじゃないのかい?と思いながら観てました。今回の選挙では婦人部内でも「あの人には入れたくない」モードが漂ってたらしく、やむを得ず婦人部から信頼されている浜四津さんを手配したとかで。どうやって話を丸め込んだのかは不明だけど、婦人部が動けば組織票も動く。きっと気の弱い男子部や壮年さんたちは妻の婦人部に尻を叩かれて入れたんだろうなぁ。これが福運になるし、日本の為になると思ったんだろうなぁ。何処か間違ってるのも忘れて。
ってか山崎さん、前回の選挙で敗北したのにまた立候補って余程政治家に未練があったのね。思いが通じてよかったね(嫌味)果たしてこれから公明党は何処へ向かっていくんだろう…学会共々。こんな時に思う。『学会辞めてて良かった』と。きっと「福岡に誰か友達いないかな?」とか言われてただろうし。反日デモみたく婦人部も「NO」ってきっぱりと言えるようになればかっこいいのになぁ。拍手ぐらいはしてあげる(偉そう)。
posted by ともみ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(2) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

病になったら病院へ。

当たり前の事が当たり前にならない事がある学会。扁桃腺が両方とも腫れ上がって熱まで出たので朝から病院に行ってきました。薬を処方され、昼間ぐっすりと眠ったおかげで咽喉や扁桃腺も少しは楽に。そして思い出した事があるので書いてみようかと。私が女子部にいた頃、部会でバリになった子が話してたんですが…。「風邪で熱を出して辛かったんだけど、お題目をずーっとあげてたらいつの間にか倒れてて起きたら熱が下がって風邪も治ってた」と言ってた事が。それを聞いて『ただ単に汗かいて熱が下がっただけなんじゃないのかい?』と言いそうになったけどあえて何も言わずに聞き流してたんですが。明らかに変です。それで治るなら病院なんていらんやん。私はその当時からポツリと不信感があったのでそんな事を今でも覚えてたり。学会自体そんな指導してないよなぁ…。先代の会長だって「病になったら病院に」って言ってたという事を言ってたと思うし。いつから題目あげたら治るって指導が変わったのかと思ったりも。どーでもいいんだけどふと思い出したもので。私は薬を飲んでちゃんと治しますよ。常識ですから♪今でも病になるのは魔が入ったからとか言う婦人部がいるらしいけど…。(私の友人が所属しているトコは平気で言うらしい)
posted by ともみ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

ただいま静養中。

疲労が容量を突き破ったのか、ついに久々〜に扁桃腺炎症(涙)前回まで左だったのが今回は右側です。こんな事をバリさん達に言っちゃえば「ご本尊を返した罰が当たったのよ」とか平然と言われそう〜と思いつつ、炎症止め&炎症部分に湿布なんぞ。引越しするというだけでこれだけストレスが溜まるものなのか?あぁ?と己に突っ込みいれつつ。そして最悪の場合は縁を切ろうとさえ思った弟に手紙と共に転居先の契約書を送ってから何かを感じたのか急に以前のようにメールをしてきたり。やはり私が学会を辞めたのが許せなかったのか?それとも私が持病もちだという事で気を使ったのか?それは本人に聞かなきゃ分からないけど、どっちかというと学会を辞めた理由を綴ったからかなぁと。持病があるのは以前から知ってたし。未活動でも新聞購読(と言ってもTV欄だけ読む派)してたらMCにかかっちゃうのかねぇ〜と思ったり。でもまぁ男子部が訪問しているらしいと昔からの付き合いがある実家の近所の婦人部の人から聞いているので、仕方ないのかも。そんなわけであと1週間もすれば引越しでぃ!ここの地区の人からの訪問もなくなるだろうとは思っていますが、唯一連絡先を知らせているヤングミセスの人には引っ越す事は知らせているし、引越し先も近いのでここの地区の人たちを引き連れてくるかも知れないしねぇ。まぁ、遠まわしで「それだけはやめてほしい」と言えば済む事だけど。とにかく体調を戻して元気に引越しできるように…と思っておりまする。
posted by ともみ at 17:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

撤収して1週間。

本尊を先週の金曜日に本部に送り返し、仏壇は取り残される事なく収集車に入れられ、他の物も少しずつ確実に排除しています。気分的にどうよ?って聞かれても「フツー」って答えるしかないんですが。学会員で唯一私の現在の携帯番号を知っているヤングミセスの方から昨日「創価大学の桜を見ながら花見をしました」と写メ付でメールが。その際に「実は…」と本尊を送り返した事などを書いて返信しました。数時間が経過してから「そっかー。また会った時にでも事情を聞かせてね」と返事が。面倒だと思いながらもまぁいいかと開き直ったり。「学会って(この仏法って)一家和楽を願ってるんですよね?私もずーっと願ってました。でも、父は蒸発、母は2年前に逝去、弟には拒絶され、見事なまでの一家離散ですよ。おかげで家族と呼べる人間なんていなくなりましたよ。これってある意味ミラクルですよね〜。あはは〜。」とでも言おうかなぁとか(悪)それでもきっと学会の人なら「それはそれでともみちゃんにとって意味があるんだよ。そんな事言ったら亡くなったお母さんが悲しむよ。」ってちょっと目をウルウルさせながら言われるんだろうなぁなんて。って見透かされる会話って何だかマニュアル読んでるみたいで嫌な気も。決して悪気はないんだろうけど…ね。何かこんな事が書ける私も悲しいですが(苦笑)そんなわけで本尊がなくとも生きていけるし、どうにかなりますよ。だって一般の人たちも本尊ないけどフツーに生活しているんですから。あ、ちなみに御書も高かったけど捨てました…。あれ上巻・下巻で買ったんだよなぁ。しかも電車の中でも読めるようにってカバーもつけたのに。あの意気込んでいた私は何処にいったんだろうってぐらい今は冷めきってますから。
posted by ともみ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

ついに…!?

昨日の夜、地域派遣で別の支部に行っている同じ地区&同じ歳の女子部が1名、毎度お馴染み突然訪問に脱会後初めて来ました。ちょうどゴミ捨てに行こうと思ってドアを開けたら立ってたからお互いにビックリで。そんなわけで今回も私はネタを頂く為に部屋の中へご案内〜。思い切りフツーに学会の事を話してました(笑)先日、久本○美のセミナーがあったそうでそれに参加したとの事。その時に久本が入信した経緯を話したそうで、その話を聞かせてもらったり、私は私で学会は敗訴した裁判事は絶対に新聞掲載しないよねとチクリと言ってみたり。婦人部とは違って多少は理解してくれた感じではあったけど、どうなんだろうなぁ〜(苦笑)ま、帰り際にはまた来るね〜と言って帰っていきましたが、携帯番号を変更した事や引越しする事は一切知らせませんでした。教える事もないし。で、本日というかついさっき郵便局に行く用事があったので、ついでに本尊を本部に送りました。引越しの荷造りしてる時に「新居ではもういいだろう」と思って仏壇はコンパクトな小さいやつだったので粗大ゴミに出し。本尊は送ろうと。鈴などの小物もポイっと捨てました。昨日女子部が来た時に「本尊は?」って言われて「その封筒に入ってます。明日本部に送るつもりなんです〜(それが何か?/心の気持ち)」と返答したら「近くの文化会館に持っていった方がいいんじゃないの?」って言われたんだけど…そんな事したら何言われるかだいたい検討つくし、今更会館なんかに行きたくねーと思っていろいろ言ってお断り。下手に言葉に乗せられて会館に行っても「はい分かりました」と二言三言で受け取るような人たちじゃないのは分かってるし。そんなわけで家の中からほぼ学会関連が消えたと思ったらすっきりしました♪一応、数珠と経本だけは法事で使う事があるので置いてますが。ちなみにこれは心理的な事だと思うんですが…本尊を封筒に入れて置いていた時は持病のヘルニアが酷くてコルセットまでしてたのに送ってからは薬だけで済んでます(笑)私はどうやら本尊を持っている事すら嫌だった模様です。
posted by ともみ at 12:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

究極の選択?

先日の記事で母の3回忌法要に婦人部員が来る!と書いたのですが、それからいろいろと考えた結果…引越しする事に決めました(苦笑)しかも今月下旬…。逃げるというか、この地区から離れるしか確実な方法がないと思いまして。でも、引越し先は目と鼻の先。自転車で10分ぐらいのトコなんです(笑)なので外でばったりと会ってしまう確率は大なんですが、会っちゃったらその時は適当に挨拶して居場所を言わないでおこうと。それに今の家にいるよりかは防犯面も防音面もいいトコなので、ま、いいかと。下手な言い訳するよりかはこの方が潔くていいかもしれないしぃ〜と自分の中で思ったりもしています。もちろん3回忌前後には実家に帰る予定なので、バタバタな日々になるんですけどね。ここに居る限りは必ず学会員が来ると思うと気分的にも嫌だし、それ以前に私が住んでいるのは2階建てのアパートなのですが、私の家の真下とその隣りは何と学会員のお家。しかも徒歩3分の家も学会員という環境なんで否応にも間接的に接している気分でねぇ…。皆さん、バリですよ〜。学会員には素晴らしい環境なんだろうけど、一般になった私には考えると恐ろしい環境。って考えるとキリがないので考えないんですけどね(笑)引越し先も2階なんですが、端の部屋だし下の階は誰もおらず。隣りは女子大生が入居するらしいのでホッとしてます。引っ越したのがバレたらきっと「あの子、ここに居辛くて出ていったのよ。」とか言われると思うんですけど、関係ない人たちなのでご勝手にどうぞ〜と開き直ってます(笑)そんなわけで今から少しずつ荷造り中です。
posted by ともみ at 13:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

ローマ法王死去。

まずはご冥福をお祈り申し上げます(-人-)
マザーテレサが逝去された時もそうだったけど、国民が1人の人間が天に召された事に対して広場に集まり、涙し、嘆き悲しんでいる姿を見て、その時にその人がどれだけ人類の為に尽くしたか分かるような気がしました。宗教の枠を超えているのにも関わらずですよ。私はTVでその姿を見ながら、もし今の池田氏が亡くなられた時はどのように報道されるんだろうと不躾な事をふと考えたり。池田氏は果たしてマザーテレサのようにどんな身分の者にでも会い、心を尽くしてきたのか私には分かりません。ちなみに私が通院している心療内科の担当医は院長なのですが、仕事を代わってもらってまでマザーテレサの施設に行ってボランティアをしているような人です。私も体が自由に動いてお金もあればそういう事をしてみたいなと思ったりも。そういうのがキリスト教の行動に共感を持つのかなぁ?と思いながら。ちなみに院長は高野山の僧侶の取得をされているんですけどね(笑)でも全然宗教観を出さずに『心療内科医』として話を聞いてくれ、アドバイスをしてくれるので私にとってはプラスになる事も。たま〜に言動に「ブチッ」と切れる事もありますが(^▽^;)って話はそれてしまいましたが、私はカトリックとキリスト教の違いがイマイチわからないのですが、ニュースの中で生前ローマ法王がカトリック信者に対して謝罪表明をしていたというのを知って、宗教は違えど謝罪すべき点を潔く謝るって勇気がある行動だなぁ〜と感心していました。今の創価学会は果たしてそういう事が出来るのかと思ったり。やれ乙骨はどーだとか学会を批判しているジャーナリストに対して文句を散々言っている幹部の方たちの方が醜いと思うのは私だけなのかなぁ?とか。裁判に負けた事を一切公表しない学会。勝つ事が正義で負ける事は邪道だという学会。勝ち負けにそんなにこだわってどうするの?それでどれだけ悩む学会員がいるのか(いたのか)幹部は知っているんでしょうか。方向転換してもっと開けた団体にならないと世間にずっと怪しいものだと思われるだけですよ。と忠告をここで書いても仕方ないんですが…。何はともあれ、一度でいいからローマ法王に一目遠くからでもいいからお目にかかりたかったです。
posted by ともみ at 01:49| Comment(2) | TrackBack(1) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

ゴスペル。

一駅先に、とある教会があります。そこでは週1でゴスペルの練習会が行われているそうで、実際にプロの方の指導も受けられるとか。歌うのが好きな私はゴスペルにも興味があり、ちょくちょくそのサイトを見たりして申し込もうか試案中。指導を受けるのも月に2000円と格安だし、何だか楽しそうだなぁと。発表会もあるらしく。それに以前から何となくキリスト教関連にも興味があるので、ちょっと心惹かれるものが。そこで思いついたのが、学会員撃退方法。「キリスト教に帰依したので今後は折伏等は一切しない&話しに来ないで下さい。世間話であればいいですけどそれ以外は一切受付けません。」って事。洗礼を受けずともそんな証拠を見せる必要性もないので嘘は方便で言ってみるのもいいかな、と。じゃ、今安置している仏壇とかはどうするの?という事になるけれど、これは親からもらったものだから処分したくないのでこのままにしておきますと言い切って、玄関先で追い返そうかなぁ〜と。本物のゴスペルというのは聞いた事はないけど、テレビでやっているのを見て感動した記憶があるもので。魂を揺さぶるジャンルだと。キリスト教についてはホントに何にも分かってないんだけど、洗礼を受けずともゴスペルグループには入れるそうなので、そのうち見学に行こうかと思っている次第です。それになぜか心引かれるものがあるし…。なぁんて。
posted by ともみ at 02:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

婦人部登場!?

昨日、同じ地区に所属しているヤングミセスの方が赤ちゃんと共に遊びに来ました。ま、以前から遊びに行ってもいい?って言われてたので断る理由もないし、私が脱会してから知り合った人なので私が脱会した事もご存知なわけで。そんなわけで15時ぐらいから3時間程話をしてました。学会の話は全く出ず。フツーに世間話をしただけで終了。(´▽`) ホッとした気分。でも、内心何か言われるんじゃないかとドキドキしてたのか、帰った後かなり疲れが。ま、子供ちゃんの相手もしてたから仕方ないかもしれないけど…。でも、5月の母の3回忌に婦人部の方々が我が家で唱題をしに来る計画を勝手に立ててるらしく「私も来てもいいかな?」って言われた…。こ、怖い。正直怖いです。バリバリの婦人部員が来ると思うだけで…。だけど「いいですよー。でもGWはライブを見に行って…それから去年の1回忌は実家に戻れなかったので今年は実家に戻って弟と法要しようかと思って帰る予定なんですぅ。」とは言ったんだけど。恐らく空いてる時間を聞いてくるだろうな、と。( ̄~ ̄;) ウーン…今からどうやって断ろうか思案しなきゃいけないって何か嫌だなぁ〜。と考えてるだけで疲れきって今日は昼までぐったりしてました…。(-"-;A 学会アレルギー全開(猛爆)
posted by ともみ at 17:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

学会の経本を買ってみた。

先日、見るのも嫌だったので捨てた経本。でも、よくよく考えてみれば母や祖母などの命日に誰が追善供養をするのさと思ったら、弟はただ手を合わせるしかやらない…って事は私しかいない〜と気付き(遅)。学会員御用達の例のお店のネットで注文。ついでに数珠入れも一緒も買っちゃいました(笑)数珠入れはなんと迷彩柄〜。迷彩柄が好きなもので思わず「いいや〜邪魔にならんし」と。そう思うと学会グッズって微妙に変化していってるなぁ〜と。御香だってアロマタイプもあるし。時代に合わせてるな〜商売してまっせーって(笑)まだ手元には届いてないんで勤行はしてないんだけど、とりあえず手だけは合わせてます。ちなみに私は本尊を貰った時に入会カードやら本尊を貰う為に必要な書類を書かされたんで、2重入会している形だったんですな。本尊は7月7日に受け取ったんで。学会って何でそんなにノルマにこだわるかなぁ〜ってその時既に思ったけど、婦人部勢ぞろいで「受けるでしょ?」と言われたんで仕方なく受けたんだけどね。と、いうのも一時期、別々で暮らしてたときに母が引っ越し先で本尊を受けてたのを一緒に暮らし始めた時に持ってきたんで、家には本尊が2つ。で、母から「一人暮らしする時はこれを持っていきなさい」と言われたんで。私はそれを持っていくか、お護り本尊がほしかったんだけど…ちょうど本流強化月間だったのか、無理矢理、家にある母が持ってたのを1つ返却して私は新しく受け取らざるを得なかったという…。お護り本尊を貰いたいって言ったら「鬼みたいな顔して言い出した!」とか親には言われるわ、地区婦人部長には「お願いだから…」と頭を下げられるわで大変だったなぁ〜と。ま、そんなこんなで受け取った本尊を押入れに仏壇と共に箱に入れて納めてたんだけど、最低限、本尊を出して安置してもいいんじゃないかと思って部屋の隅に設置(笑)ハイペースで母が夢の中に出てきてたぐらいだし(涙)ちなみに私の今年の初夢は「入決カードを書け!」と母に怒鳴られた夢でした(号泣)どんな夢やねーん。と自己突っ込みしつつ、あの世でも心配しちゃってるんだなぁ〜と。心配させないようにしなきゃと思いつつも、学会アレルギーだけは治りそうもありません。経本がどれだけ薄く・変わったか楽しみだなぁ〜。もちろん学会の文字が書かれてる箇所は塗り消します!
posted by ともみ at 01:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

日本各地で地震。

日曜日は福岡県で大地震。関東に住んでる私でもかすかな揺れを感じたぐらいなので、想像以上のゆれがあったんだろうなぁ〜と。被害には遭わなかったけど阪神大震災を経験しているので、震災で被害に遭われている方の姿を見る度に心が痛くなり、体が敏感になり。ただえさえ不眠症なのに、さらに不眠症になったりも。と、同時に思うのが、学会の対応。それなりの救援物資を送ったり、義援金を送るのは新聞を見ずとも毎度のように書かれてたから想像できるんだけど、本部の副会長の方とか地元の幹部の人は激励に行ったりボランティア等はしないんでしょうか?さすがに池田氏が動くわけにはいかないだろうけど、新聞で「頑張れ」だの書いたって伝わらない人はいるわけだし。中にはそんな言葉なんていらねー!って被害に遭った人は思うよ。それなら実際に現状を見て把握してそれなりに対応した方がいいと思うんだけど…。ちなみに某女性議員さんは、新潟の震災の時に現状を視察に行って…女性の為に周期的に来る例のモノに必要な物が足りないという事を知ってすぐに自費で送ったとか。ちなみにこの人は公明党じゃないですよ。私、この話を友人から聞いて、感動した記憶が。命が助かっただけでも感謝だけど、ただ祈るだけじゃなくて、本当に何が必要で何をするべきか動ける人は動く。学会は人員集めの為に必要な時だけ友好活動だのF取りだので動くんじゃなくてこういう時に動いてこそ意義があるんじゃないかなぁ?って私は思います。生活に余裕があれば何日でもボランティアに行きたいけど、今の私じゃボランティアに行けないので、ただただこれ以上の被害が出ないようにTVで現状を見ていくしか出来ないんだけど…。学会の皆さん、「日顕撲滅!」とか目くじら立てて鬼った祈りしてる場合じゃないですよ。本当に「世界の平和・人類の平和」を祈る方がどれだけ心が和らぐか。学会員の前に人として祈る事は何かこの際だから考えてもらいたいものですな。って私も私なりに手を組んで平和・感謝を祈ってますから。ちとキリスト系です(笑)
posted by ともみ at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

髪をストレートにしてみた。

祖父が天然パーマだったらしく(※私が生まれた時には既に他界)親を飛び越えて、私にその血筋を受け継いでしまったようで。かなりのくせッ毛。今でこそ前髪はストレートだけど、小学生の頃は前髪すらくせッ毛で悩んだものです。そんなわけで、たまに薬局でストレートパーマ液を買ってきて自分でするんだけど、サラサラ〜♪久々です。ブリーチして髪を脱色しているんで髪へのダメージは覚悟してるんだけどね(苦笑)そんな中で時間があったのでいろいろとどんなキーワードでこのブログに来て下さっているのかとログを見ていたら、やはり「創価」や「創価学会」で来る方が多いようで。やっぱり気になる団体なんだろうなぁ〜なんて。学会とは関係ない人が芸術部に所属している人の名をブログで取り上げていたり。ま、TVに出てる有名人の半分以上は芸術部だと思ってもいいかと思えるぐらい、この数年で芸術部の進出が目立ってるなぁ〜なんて。芸術部が出てる→学会員が見る→視聴率が上がるという構図が出来てるからかな?TV局は視聴率命だからねぇ。利用できるトコは利用しようってのが暗黙の了解になってるのかもしれませんね。で、こんなの見つけました。週刊文春の記事です。http://www.photohighway.co.jp/Image.asp?pn=20.83191 学会の事が書かれてます。私が知っている芸術部の方の名前はあんまり出てきてませんが…。末端は知らず知らずのうちに芸術部員の宣伝要員にもなってるんだなぁと気付いたり。そんな私は昨年まで某プロチームの選手(半未活動学会員4世)の公認応援サイトを運営しておりました(笑)その人は私が学会を抜けた事を知りませぬ。折伏されるの嫌なので(猛爆)ってな事でタイトルと全然違う内容になってしまいました〜。笑ってごまかせーあはは…(^▽^;)
posted by ともみ at 00:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

学会に入った日。

昭和63年3月19日。母に連れられて弟と共に寺で御受戒を受けて、意味も分からないまま入会した日。今年で17年目。学会員であれば、「やっと17年かぁ〜頑張ってきたよなぁ」と喜ぶべきなんだろうけど、私にとってこの日は人生の分かれ道になったわけで。「中等部って何?」状態。未来部担当のお姉さんが来た事に驚いた事。中等部で思い出なのが、会合でタイムカプセルに入れるからと言って自分の思っている事や夢を書かされた事。音楽関係に就いている人になる!なぁんて書いた記憶がかすかにあったりもね〜。あはは〜。何か17年って早かったなぁ。って去年辞めちゃってるから正確には16年と7ヶ月なんだけど。ありささんの体験発表の記事を読んで、「そういや、私が辞めると決めた決定的な事って体験発表させられた事なんだよなぁ〜」と思ったり。恥以外の何事もなかった…10月の会合。あれが私が出席した最後の会合。過去は振り返らないけど、こうやって思い出す分にはいいかな?と思ったり。アンチだけど、実家にはそれなりの仏壇があって母の遺骨が安置されてて、それを未活動の弟が守っている。んー実家に戻っていろいろしなきゃいけない事はあるんだけど、手を合わせる事が出来るのかが不安…。一応、母を折伏した近所のおばさんには脱会した事は話してるけど、それ以外の人は無知なわけで。大阪の学会員って迫力あるし…私が入った時から知っている人ばっかりだからなぁ〜それこそ折伏攻めに会いそうで。いやはや。隠しとおすしかないか、と開き直ったり。私も体験発表をさせられたときには、原稿を先に婦人部長にチェックされて削除されたなぁ…まずい部分(笑)でも、体験発表したおかげで目が覚めた部分もあり。これからの学会は何処に進んでいくんでしょうね。
ちなみにいろんなブログで後継者は?みたいな事を書いているのをチラホラ見てるのですが、私が大阪にいた頃は、谷川副会長(当時は青年部長)が後継者かもね〜って噂してました。池田氏のそばで訓練を受け続けているとか…。関西出身な方なので候補になっているかもですね。ま、それはさておき。外から「ほぅ〜♪」と眺め続けたいと思います。なぁんて(笑)
posted by ともみ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

男子部と知っていながら好きになる事。

私が学会に無知であれば、素直に恋心としてさりげなくアピールしてたかもしれない。でも私は元・学会員であり、学会に戻る気全くなしの人間。そんな人間が男子部だと知りつつ惹かれたのだから自分の中では大問題。相手は創価高校→創価大学と、プチエリートコースを過ごしてきた人間。活動をしているのかは定かではないけど、新聞購読はしているかと。今の私は聖教新聞に触れる事すら嫌な環境。こんな感じなので奇跡的に付き合う事になりました!となっても、前途多難なのは目に見えているわけで。私がまだバリバリの学会員であれば、題目あげて「交際させて下さい」等と祈ってただろうなぁと思いつつ。そんなわけで今、やっと学会員と非学会員のカップルやご夫婦の苦労(?)が何となく分かった気が。好きになった人がたまたま学会員だったという形ならまだしも、好きになる前に既にこの人は男子部なんだと分かっている上で好きになってしまったからねぇ…。ちなみに相手は私の事は全くもって知りません(笑)1ファンだと思ってるぐらいでしょう。共通の知人男子部がいるんだけど、私とその知人男子部が知り合いだとは夢にも思っていないだろうし。ちなみに知人男子部は私が学会を辞めたことを知らない…というか知らせる必要性もないだろうと思い、言ってないだけなんだけど。んー、一般人を好きになるという事だけでも大変なのによりにもよって男子部…。学会員時代であれば大万歳だったのにねぇ、残念。そんなわけで、既にあきらめの方向に向かいつつも当分は好きだと思います。いざとなれば知人男子部に暴露ってもいいんだけど…ね(猛爆)はてさてどうなる事やら。私は恋でも学会から離れられないのかっ!?ふらふら
posted by ともみ at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

我が家の納骨堂問題

母の遺骨は金銭面な関係で実家に置いてあります。本来であればすぐにでも納骨堂に納めるべきなのですが…。母の遺言では「S納骨堂に」という事だったのですが、ここは35年間しか預かってくれません。しかも35年経ったらどうなるの?という不安と預かり代として31万も一括で支払わなければなりません。ただ、移動したいとかお墓を建てたい等の問題が起きれば納骨堂から出す事ができ、支払った分から差し引きでお金は戻ってくるのですが、私は死後海に散骨希望、弟はどうするのか不明というより21の若者が自分が死んだ後の事を考える事なんてないだろうから、今はとにかく母の遺骨をどうするかで悩んでいます。S県のS道場内の納骨堂は永代供養で永遠にそこに納められるという特権で金銭も5万円で済みます。ただ何があっても出す事が出来ないというだけの事であり。どっちにしろ、学会の納骨堂に納めるにはちとややこしい手続きが必要になり、指定の用紙に支部長の名前と印が必要だったりと面倒だらけ。そういう事があったので、できれば納骨が済んでから脱会をとも考えていたのですが、いつになるのか見通しも立たないので先に抜けた私。果たして弟は母の遺言どおりに大金を払って入れるのか、道場内の納骨堂に入れるのか…今度会った時の姉弟問題の議題になりそうです。
posted by ともみ at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

学会系と少しでも触れない為に。

今の私の環境を見渡すと、学会員が多いって事。なので少しでも縁切れをする為に、携帯番号&メアドを変え、連絡を取れないようにしました。だけど辞めたのにも関わらず、婦人部が来て「この人、ここの地区に引っ越してきた人なのよ」と紹介されたり。私にとっては、どうでもいいんだけど同じ大阪出身という事もあり、紹介された婦人部の方だけには新しい番号だけは知らせています。条件付で。「絶対に他の会員さんには知らせないで下さい」と。じゃなきゃ、また連絡が入ってきそうで嫌だったし、会合に誘われるのも嫌だしね。でも、連絡先を知らなくとも自宅は知っているので、会合の帰りに寄ってきたりしますが…。以前、チョンガーさんのHP「創価学会員の駆け込み寺」内にある掲示板に「脱講届を書かされたんですが…」と質問書き込みをした時に、親切に教えて下さったのを読んで、「今さら私が向こうに着くと思ったんだ」と思うと憤りが…。その時は1月で、2月には日蓮さんの誕生日、私の誕生日もあったので、「1ヶ月だけでも購読しない?」なぁんて誘われたんですが、遠まわしで断りを入れてからは、さっぱりと訪問も来なくなりました。きっと県知事選で現職を推薦していた関係で走り回っていたかもしれないし…と思い。来ないのは嬉しいですよ。私には無関係な人たちなのですから。でも、私をまた学会に連れ戻そうという魂胆が見え見えなのが嫌ですね…。今のトコ、幹部はさすがに来ていないので良いのですが。私は学会の為に数少ない友達を数名失った事が今でも悲しいです。修復できるわけもなく。最近は、初めて選挙のお願いをしたお店の方とフツーの会話が出来るまでに戻りましたけどね。…ちなみに県知事選は投票に行きませんでした。風邪っぴきで寝込んでいたもので(笑)元々、政治には無関心だったもので。タイトルと少しかけ離れてきましたが、心の何処かでは触れないよう〜に日々過ごしてマス。
posted by ともみ at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

すっきり爽快。

ご無沙汰しておりますという方も初めまして!という方もいらっしゃるかと思いますが。元・創価学会員のともみです。以前は「SGIの不思議な世界」という題で脱会前・脱会後の日々を綴っていました。一度は、閉鎖したものの…心にゆとりがかなり出てきたのでフツーな日々を過ごしているよん。という事を綴ってみてもいいじゃないかと思い、復活しました。毎日更新は正直大変なので気が向けば…という事で。今も婦人部がたま〜に来るのでその時のやりとりやその時の私の心境なんぞも書けたらと。ちなみに熱しやすくて冷めやすい性格の私ですが、とある男子部を好きになってしまったので、その心の葛藤も書いていこうかと思っています。そんなこんなでまとまりのない相変わらずの文章ですが、今後ご贔屓に☆
posted by ともみ at 23:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。