2005年08月23日

福祉の公明党さん。

ニュースを見てたら公明党は「児童手当を小3から中3まで引き上げます!」だの聞いてて、ふと思った。福祉に関心持ってくれるのはいいでしょう。今までの実績も認めましょう。でもね、言ってる事が妙に共産党と似てるなと思ったのは私だけ?共産党は消費税が云々と言ってるけど、似てるよなぁと思ったもので。まぁ、首を何気に締め付けてる分公明党とは違うな。とは思ったけど、何処の党も公約ってやつが胡散臭い。ってか今回は元々郵便局をどーすんねんが発端でしょ。それが殆ど出てこない。ま、元々政治家の言葉は信用してないんで「選挙」って聞くだけで鳥肌が立ってたぐらいやし。学会にいた頃も嘘ついて「投票行きましたー」なぁんて言ってたぐらいやし。結局行ったのは1回だけやけど。あれが最初で最後でした。懐かしい。今頃、青年部は「今が拡大のチャンス!」とか言われて狩りだされてるんやろうなぁって思いつつ。…そして先日、未活動の婦人部な友達から学会の話を振ってきた。別に勧誘するわけではなく。「ともみ、辞めてすっきりしたやろ?羨ましいわぁ」と言われました。その友達の親御さんも私が辞めた事を知っているらしく、「ともみちゃん、ホッとしてるって言ってなかった?」って聞いてきたらしい。完全洗脳されてない、自分は自分の精神な人たちなので「婦人部に活動をやめたいって言ったら幹部に指導を受けろって言われてさー。うざいんだよね。」と延々とぼやいておりました。私もその気持ち分かるー。ってか何ですぐに幹部呼ぼうとするかね。マニュアルでもあるんかいな、ってぐらい。そんな話をフツーにしている私も私だけど。そんな私は今回、投票には行きません。だって面倒だから。行くとしても自民党にでも入れようかな。無難なトコで。と思ったりも。ま、福祉!といい続けてる公明党せいぜい頑張って学会員の首を綿でくくりつけて下さいな。(←めっちゃ嫌味)
posted by ともみ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

お盆ですなぁ。

やっぱりというべきか、総選挙決まりましたね。今頃、支援者の皆さん…はっきり言えば学会員さん大変ですなぁ。F取り厳しいよね。選挙と聞く度に思い出すのが某バリバリ学会員さんの言葉。以前にも書いた事もあるかもしれないけど、「選挙の依頼をするのが嫌なら外国にでも行きなさい」って言葉。今頃どうしているんでしょうか。さらに上の幹部から尻たたきされてるのかねぇ…。それにしても今回は厳しいと思うよ時間ないし。ってかいつも準備万端で内部文書を会合で配ったりしてたけど資料すら作る暇もないだろうし。それにどんな言葉で承諾を得るのかねぇ…。聞いてみたい気もするが会いたくない複雑な気もあり。ってか今回はF取りできるのか?って私が気にしても仕方ないけど。教学試験を控えてる人はもっと大変だねぇ。ま、幸せを得る為に頑張って下さいな。(←めっちゃ嫌味)これを機に目を醒ましてくれる人が1人でも増えてほしいけど…。人生を学会の為に費やすなんてもったいないぞ。なぁんてな。
posted by ともみ at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

偶然遭遇…。そして解放?

昨日、夕方の出来事…。
整形外科(ヘルニア持ちな私)へリハビリに行った帰り。友達から着信があったので自転車置き場で電話をしていたら目の前をすーっと自転車に乗った見覚えあるご婦人が。相手も一瞬で私だと思ったみたいだけど、私が電話をしていたのでお互いに一礼して相手は素通りしていったんだけど。…以前住んでいた家の地区の白百合長さんでした。電話してて良かったーと内心思いながら話してた私。だって電話してなかったら絶対話しかけられると思ってたもん。怖いよ、何を言われるか聞かれるか分かったモンじゃないし。ねぇ…下手すりゃ総選挙とかあるかもしれないし(爆)頼まれても笑顔でOK、内心でNO!だけどさ(オイ)

そして話は変わりましてー。
唯一、今の家の場所と連絡先を知っているヤングミセスの人に一週間以上前にメールをしてみた。沖縄に行くから何かいるー?って連絡が来たんで写メ送って頂ければ充分です☆なぁんてメールしたんだけど。その後、音沙汰なし。忙しいんだろうけどメールぐらい出来るだろ。いや、これを機に完全に解放されたい!とさえ思った私。このまま来なければいいんだけどなぁ…。学会員な10年以上の付き合いの友達はそういう話は一切してこないし。本人がほぼ未活動だし熱心な信者ではないんで。あとは大阪に住んでるカミングアウトした婦人部の人だけかな。ま、私から電話しない限りかかってこないからいいんだけど。
posted by ともみ at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

私なりの供養。

実家に戻った際に母が好きだったGS時代の某バンドのCDを自宅に持ち帰ってきた私。そのCD数枚を母の写真の横に置いてあるMDコンポで流しています。これが今の私自身にとって一番最適な母への供養だと思っているので。もちろん、水をコップに入れて線香を焚いて…ますが(-。−;)お題目や勤行は命日だけと決め込んで。私の異常なまでの(!?)音楽好きの影響は両親から受け継いでいる気もするし(笑)それに母がよく気分転換に聴いていたので、そのCDを聴いていると近くに母がいるような気がして。亡くなったという意識はもちろん持ってはいるけれど、2年以上経った今でも完全に受け入れていない私もいるわけで。そんなわけで実家に戻ってから病が悪化してしまった私は先日状況を説明して医師に相談したところ、「今は自分自身をたち立て直す事」と言われたんですが…。やっぱり心の支えの1つだったのは母なので…。母が亡くなった年はホントにボロボロだったし。「3年も経てば…」なぁんて婦人部の言葉なんて耳素通りやったしね。実際にその立場にならないと分からないって拒絶してたし。まぁ年々涙する回数は減ってるけど、先祖を大切にする気持ちや母親に対する気持ちはだいぶんと変わったかなぁと思ったり。…学会系ブログで取り上げられがちなあの「板橋爆発事件」の加害者の少年の気持ちは私なりに分かるし。信心がちゃんとなってない!とか言われたら、あの年頃だとブチっと切れるのは分かるし。20代だった私でもちょっとした事でブチっと切れてたからなぁ…。ってかマスコミぃ!もっと詳細を取り上げろ!と思ったんだけど、金のつながりがあるから無理なんだろうけど。それが何か悔しかったりもするんだけど。って話がかなり外れましたが。関西でも大昔、幹部が暴力をやめない我が子を手にかけて死なせたって事件もあったしね…。これは内部だけしかしらない事だけど…。信心しているから和楽な一家が築けるなんて夢ですよ。一握り。だと思いつつ…。
posted by ともみ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。