2005年04月26日

そこまでしなくても。

妻はアンチ、夫はバリバリ。』を読んで思い出した事。記事にも書かれてましたが、先日の福岡2区の補欠選挙に自民から山崎拓が立候補者として出てたんだなぁ。これが。スキャンダルを起こしてやめたのに、ノコノコと立候補できる神経が羨ましいと思ったけど、投票しちゃう人も人だよなぁ。なんて思ってたんだけど、恐らくは学会の組織票がやはり動いたと思われる。だってー、先週の金曜日に夕方のニュースを見てたら『極秘』という名目なのになぜか福岡空港で報道陣に見つかった浜四津さんが…福岡の会館に出向いて昼間から婦人部対象にお願いしてるんだもん。街頭には立たないって言ってた以上行くトコと言えば会館だけ。公明党…善悪分かってるんだったら手を引くべきだったんじゃないのかい?民主や共産に負けたくない気持ちは分かるけどそこまでしなくてもいいんじゃないのかい?と思いながら観てました。今回の選挙では婦人部内でも「あの人には入れたくない」モードが漂ってたらしく、やむを得ず婦人部から信頼されている浜四津さんを手配したとかで。どうやって話を丸め込んだのかは不明だけど、婦人部が動けば組織票も動く。きっと気の弱い男子部や壮年さんたちは妻の婦人部に尻を叩かれて入れたんだろうなぁ。これが福運になるし、日本の為になると思ったんだろうなぁ。何処か間違ってるのも忘れて。
ってか山崎さん、前回の選挙で敗北したのにまた立候補って余程政治家に未練があったのね。思いが通じてよかったね(嫌味)果たしてこれから公明党は何処へ向かっていくんだろう…学会共々。こんな時に思う。『学会辞めてて良かった』と。きっと「福岡に誰か友達いないかな?」とか言われてただろうし。反日デモみたく婦人部も「NO」ってきっぱりと言えるようになればかっこいいのになぁ。拍手ぐらいはしてあげる(偉そう)。
posted by ともみ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(2) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

病になったら病院へ。

当たり前の事が当たり前にならない事がある学会。扁桃腺が両方とも腫れ上がって熱まで出たので朝から病院に行ってきました。薬を処方され、昼間ぐっすりと眠ったおかげで咽喉や扁桃腺も少しは楽に。そして思い出した事があるので書いてみようかと。私が女子部にいた頃、部会でバリになった子が話してたんですが…。「風邪で熱を出して辛かったんだけど、お題目をずーっとあげてたらいつの間にか倒れてて起きたら熱が下がって風邪も治ってた」と言ってた事が。それを聞いて『ただ単に汗かいて熱が下がっただけなんじゃないのかい?』と言いそうになったけどあえて何も言わずに聞き流してたんですが。明らかに変です。それで治るなら病院なんていらんやん。私はその当時からポツリと不信感があったのでそんな事を今でも覚えてたり。学会自体そんな指導してないよなぁ…。先代の会長だって「病になったら病院に」って言ってたという事を言ってたと思うし。いつから題目あげたら治るって指導が変わったのかと思ったりも。どーでもいいんだけどふと思い出したもので。私は薬を飲んでちゃんと治しますよ。常識ですから♪今でも病になるのは魔が入ったからとか言う婦人部がいるらしいけど…。(私の友人が所属しているトコは平気で言うらしい)
posted by ともみ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

ただいま静養中。

疲労が容量を突き破ったのか、ついに久々〜に扁桃腺炎症(涙)前回まで左だったのが今回は右側です。こんな事をバリさん達に言っちゃえば「ご本尊を返した罰が当たったのよ」とか平然と言われそう〜と思いつつ、炎症止め&炎症部分に湿布なんぞ。引越しするというだけでこれだけストレスが溜まるものなのか?あぁ?と己に突っ込みいれつつ。そして最悪の場合は縁を切ろうとさえ思った弟に手紙と共に転居先の契約書を送ってから何かを感じたのか急に以前のようにメールをしてきたり。やはり私が学会を辞めたのが許せなかったのか?それとも私が持病もちだという事で気を使ったのか?それは本人に聞かなきゃ分からないけど、どっちかというと学会を辞めた理由を綴ったからかなぁと。持病があるのは以前から知ってたし。未活動でも新聞購読(と言ってもTV欄だけ読む派)してたらMCにかかっちゃうのかねぇ〜と思ったり。でもまぁ男子部が訪問しているらしいと昔からの付き合いがある実家の近所の婦人部の人から聞いているので、仕方ないのかも。そんなわけであと1週間もすれば引越しでぃ!ここの地区の人からの訪問もなくなるだろうとは思っていますが、唯一連絡先を知らせているヤングミセスの人には引っ越す事は知らせているし、引越し先も近いのでここの地区の人たちを引き連れてくるかも知れないしねぇ。まぁ、遠まわしで「それだけはやめてほしい」と言えば済む事だけど。とにかく体調を戻して元気に引越しできるように…と思っておりまする。
posted by ともみ at 17:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

撤収して1週間。

本尊を先週の金曜日に本部に送り返し、仏壇は取り残される事なく収集車に入れられ、他の物も少しずつ確実に排除しています。気分的にどうよ?って聞かれても「フツー」って答えるしかないんですが。学会員で唯一私の現在の携帯番号を知っているヤングミセスの方から昨日「創価大学の桜を見ながら花見をしました」と写メ付でメールが。その際に「実は…」と本尊を送り返した事などを書いて返信しました。数時間が経過してから「そっかー。また会った時にでも事情を聞かせてね」と返事が。面倒だと思いながらもまぁいいかと開き直ったり。「学会って(この仏法って)一家和楽を願ってるんですよね?私もずーっと願ってました。でも、父は蒸発、母は2年前に逝去、弟には拒絶され、見事なまでの一家離散ですよ。おかげで家族と呼べる人間なんていなくなりましたよ。これってある意味ミラクルですよね〜。あはは〜。」とでも言おうかなぁとか(悪)それでもきっと学会の人なら「それはそれでともみちゃんにとって意味があるんだよ。そんな事言ったら亡くなったお母さんが悲しむよ。」ってちょっと目をウルウルさせながら言われるんだろうなぁなんて。って見透かされる会話って何だかマニュアル読んでるみたいで嫌な気も。決して悪気はないんだろうけど…ね。何かこんな事が書ける私も悲しいですが(苦笑)そんなわけで本尊がなくとも生きていけるし、どうにかなりますよ。だって一般の人たちも本尊ないけどフツーに生活しているんですから。あ、ちなみに御書も高かったけど捨てました…。あれ上巻・下巻で買ったんだよなぁ。しかも電車の中でも読めるようにってカバーもつけたのに。あの意気込んでいた私は何処にいったんだろうってぐらい今は冷めきってますから。
posted by ともみ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。